〒110-0015 東京都台東区東上野3-4-5 ソフィア上野301
  JR上野駅パンダ橋口から徒歩8分/東京メトロ稲荷町駅2番出口から徒歩3分 他

  日祝
10:00~15:00 × ×
15:00~20:00 × ×

△:15:00~16:00

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6876-9576

腸のトリセツ

働く30〜40代女性の

腰痛、生理痛を改善して

ストレスフリーな生活をフルサポートする

きがわ上野鍼灸院のきがわです!

 

今日もご覧いただきありがとうございます!

 

前回(なぜ腎臓が悪いと良くないの?)

という内容について

「私はチェックが少なかった!」

「なるほどだからなんですね!」

とコメントいただき嬉しいです!

 

そうなんですよね。

他の臓器とは違う特別な意味があって

腎臓は最後の砦とも言えるんです。

簡易チェック表もあるので

気になる方は下のリンクからどうぞ!

みんなで健康な人生を楽しみましょう!

今回も質問への回答です!

「腎臓以外も教えてほしいです!」

という内容です!

 

いいですね〜。

みなさん東洋医学、

身体のことに関心を持っていただけると

僕も嬉しいです!

 

自分はもちろん大切な人に

伝えてあげればみんなで幸せになれます!

 

そこで今回は僕が思う

腎臓の次に大切な臓器

 

「腸」について!!

 

1、なぜ腸が大切か?

2、腸が悪いかものチェックリスト

3、その対処法

4、まとめ

 

の順番で解説します!

1、なぜ腸が大切か?

結論!

腸には独自の体調管理システムがあるから!

 

みなさんは五臓(ごぞう)

という言葉をご存知ですか?

東洋医学の世界で

肝(かん)

心(しん)

脾(ひ)

肺(はい)

腎(じん)

を表す言葉です。

 

五臓には気が流れていて

この気が(多すぎる)

または(少なすぎる)

という状態があります。

 

多すぎるものは減らせばいいし

少なすぎるものは多くすればいいのです。

 

腸は肺と一緒の括りです。

肺にも気を使うべきではあるのですが

ここでは僕の意見を踏まえ

腸の大切さを解説します。

 

東洋医学には古くから

「医食同源(いしょくどうげん)」

と言う言葉があります。

 

日頃からバランスの取れた食事を取れば

病気の予防や治療ができるという意味です。

 

もっと古くにヒポクラテスという

「医療の父」と呼ばれた人が

 

「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」

 

という医者全員をディスったともとれる

爆弾発言をしました。笑

 

「でも場合によっては医療の力を借りるべき」

と僕は思いますが概ね正しいです。

 

「じゃあ胃も大事じゃないですか?」

という意見もあると思います。

 

はい、その通りです。

 

それでも何故僕が腸と言うのか?

 

それは腸には脳と同じ「判断する」

という働きがあるからです。

 

人間が人間になるはるか昔、

海中の微生物ぐらいのときは

脳なんてなくて

腸が脳の代わりをしてました。

 

微生物は食べる以外のことをしません。

食べたものを吸収して栄養にするか

不用物として排出するか

その2択から進化したのが人間です。

 

その後、環境適用のため

肺や肝臓、そしてその中枢として

脳が出来ました。

 

脳がどんどん発達して

腸の代わりをするようになった人間は

腸の独自システムを使うことは減りましたが

重要な臓器であることに変わりはないです。

 

腸が良い状態であれば

体調はもちろん精神的にも安定して

ストレスを感じにくくなります。

2、腸チェックリスト

僕は脈やお腹を診て

腸の状態をチェックしますが

他にも項目があるのでご紹介します!

  • 下痢
  • 便秘
  • 腹痛
  • 排便痛
  • 残便感
  • お腹の張り
  • オナラがよく出る
  • 食欲不振
  • 偏食

腎臓ほどじゃないですが

結構項目ありますよね?

 

おおよそ上記の項目に

1つでも当てはまれば

腸の働きに問題ありと僕は考えます。

 

ちなみに病院(西洋医学)では

こんなチェックがあります。

  • CEA値が高い
  • CA19−9値が高い
  • 肉食中心でお腹いっぱい食べる
  • 加工食品が好き
  • 野菜や果物をあまり食べない
  • 食べるスピードが早い
  • どちらかというと便秘気味である
  • 便意を我慢してしまうことが多い
  • タバコを1日1箱以上吸う
  • お酒を1日1合以上飲む
  • 運動はあまりしない
  • 仕事はデスクワーク中心である
  • 1日中ゴロゴロしているのが好き
  • 家族に大腸の大きな既往の人がいる
  • 40歳以上である

西洋医学と東洋医学両方とも

食事に関するチェックが多いです。

 

CEA値はCA19−9値は

検査をしない限り知りようがないです。

 

数字でわかるメリットはありますが

すぐ対処しづらいところが心配ですよね。

 

定期検診はもちろん勧めますが

早期発見早期施術は早期改善に必須です。

 

覚える必要はありません。

ぜひ上記を見返すようにしてください!

3、その対処法

くれぐれも言っておきますが

上記チェック項目で凹んでしまい諦める

なんて必要はないですよ。笑

 

適切な対処ができれば

ちゃんと改善できますし

健康寿命も伸ばせますから!

 

ってな訳で

僕がおすすめする

具体的な対処法をご紹介します!

①適切な水分摂取

便秘にしろ下痢にしろ

水分量は適切に摂取する必要があります。

 

具体的には体重1キロあたり

35ミリリットルの水分を推奨します。

 

例えば体重50キロの方は1,7リットル

60キロの方は2,1リットル

70キロの方は2,5リットル

といった具合です。

 

ここで言う水分は

ミネラルウオーターです。

 

お茶や炭酸飲料、

食べ物での水分は抜きにします。

②下腹部と腰を温める

腎臓のときと同じですが

腸も下腹部を前後から温めれば

血流を良くすることができるのです。

 

この(温活)は東洋医学でも

めちゃおすすめされています!

 

夏でもお腹冷えている人っているんですよ。

冬はもちろんですがこの時期でも温活!

 

ホッカイロでも良いし

腹巻きでもGOODです!

 

個人的には低温やけどの可能性がない

腹巻を一番勧めています!

③散歩

適度な運動は

筋肉を維持するためにもおすすめです。

 

テニスやゴルフ

ランニングなど

ハードなことは必要ナッシング!

 

散歩で十分です!

1日1時間ぐらいがベストですが

最低20分も歩けば

腸に刺激が加わり便秘は改善されるはず!

④小麦粉を控える

腸は特に小麦粉の影響を受けます。

日本ではまだ認知が低いですが、

リーキーガット症候群という

腸の壁に穴をあけてしまう病気があって

小麦粉の過剰摂取が原因ではと言われています。

腸を守るためにも小麦粉は控えましょう。

⑤食物繊維を摂る

便通を良くする=食物繊維を摂る。

1日最低350g摂取が推奨されています。

♯ちなみに僕は1日700g

♯鍋サイコー

4、まとめ

以上!

参考になれば嬉しいです!

コメントやリクエストいただけると

泣いて喜びます✨

 

みなさんも健康になって

今より楽しい毎日を過ごしてください!

 

僕は施術や知識を提供して

みなさんの人生のベストチョイスを

サポートするのが使命です。

 

みなさんが長期的に

健康で豊かな生活を送れるよう

サポートさせていただきます!

 

健康は人生で一番の財産です!!

 

ライン公式アカウントにご登録いただくと

キャンペーンの優先案内を受け取れます!

 

ただいま初診料無料期間中ですので

今すぐ体を良くしたい!と言う方は

下部リンクからご連絡くださいね!

お気軽にお問合せ・ご相談ください

きがわ上野鍼灸院の予約・お問い合わせ
お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6876-9576
受付時間
月 15:00~20:00
火水金 10:00~20:00
木 10:00~15:00
土 10:00~16:00
定休日
日・祝

新着情報・お知らせ

2022/9/1
【9月の診療日】
通常診療となります。
2022/7/30
【8月の診療】
日祝以外、お盆も変わらず通常診療です。
2022/6/24
【7月の診療】
日祝と30日(土)は休診となります。

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

03-6876-9576

<受付時間>
月 15:00~20:00
火水金 10:00~20:00
木 10:00~15:00
土 10:00~16:00

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

きがわ上野鍼灸院

住所

〒110-0015
東京都台東区東上野3-4-5
ソフィア上野301

アクセス

JR上野駅パンダ橋口から徒歩8分/東京メトロ稲荷町駅2番出口から徒歩3分/東京メトロ上野駅3番出口から徒歩6分/都営大江戸線新御徒町駅A1出口から徒歩5分
近隣にコインパーキング多数あり

受付時間

月 15:00~20:00
火水金 10:00~20:00
木 10:00~15:00
土 10:00~16:00

定休日

日・祝